マーケティングオートメーション導入でどんな費用が削減できる?

営業社員の活動コストを削減できる

会社の営業社員は日々の活動で、顧客獲得や商品の販売活動などを行っています。地道に客先のところに行ったり、展示会やセミナーなどのイベントを開催したりして顧客へのアピールを行います。ただそれらの行動すべてが売上につながるわけではなく、たくさん行った活動の一部が最終的な売上につながっています。つまりは無駄に終わった活動も多くあります。マーケティングオートメーションは顧客の絞り込みなどを効率的に行うシステムです。何もせずに顧客にアプローチするより、マーケティングオートメーションの結果を元に顧客にアプローチする方がより売上への貢献度が上がります。つまりは無駄が少なくなります。これまで無駄になっていた営業活動コストを減らせます。

メールの配信コストを減らせる

日常的なコミュニケーションツールとして電子メールがあります。電子メールは送信するときもあれば受信するときもありますが、どちらもそれなりにコストがかかっています。個人が利用する携帯電話の契約なら固定料金での利用もありますが、通常はたくさん送れば送るほどコストがかかります。マーケティングにおいては顧客に対してメールの配信をするときがあります。何の分類もせずに送れば、その内容に無関係の送信先にも送っている可能性があり、無駄な配信コストがかかっているかもしれません。マーケティングオートメーションを利用すると適切な配信先を選んで配信が行えます。メールに対する反応への対応も自動的に行え、その管理コストも削減できます。