マーケティングオートメーションツールで求める顧客選別機能!!

複数の市場やデバイスから顧客を選別

インターネットは今や色々なデバイスを通じてアクセスできます。スマホやタブレット、パソコンやその他の機器でもアクセスができます。でも日本でインターネットが使われ始めた時はまだスマホやタブレットはなく、パソコンしか利用できませんでした。 パソコンを利用する人も限られていたので、情報を発信したとしても見てくれる人は少なかったかもしれません。顧客を増やす活動を行う会社としてはできるだけ顧客にアプローチをして、その中から見込み客を絞る必要があります。でもその対象が非常に広いとなると手作業で行うのは大変です。マーケティングオートメーションでは、複数の市場やデバイスを通じてのアプローチが可能で、その中から自動的に顧客選別をしてくれます。

顧客がチェックしている情報を把握

自社情報を発信する方法としてホームページがあります。大企業はもちろん、中小企業や個人商店などでもホームページを持っているところがあります。一般的な商品ならホームページ上で買い物ができる仕組みなどを用意するときもありますが、BtoBではまずは商談が必要になります。 見込み顧客は色々な会社のホームページから必要な情報を入手しようとアクセスをします。マーケティングオートメーションでは顧客の選別機能がありますが、ホームページへのアクセス状況を分析して行うときがあります。どの顧客がホームページのどのページやどの情報をクリックしているかを集め、どんな情報を必要としているかを調べます。メールなどで必要な情報を配信して、さらに反応をチェックして選別をしていきます。