マーケティングオートメーションで営業の仕事は減るの?

マーケティングオートメーションとは?

企業や会社においてマーケティングは、売れる仕組みを作るとても重要な業務です。マーケティングには、顧客一人ひとりに合わせたワントゥーワンマーケティングが求められています。顧客一人ひとりに合わせたマーケティングを効果的かつ効率的に行うために注目されているのが、MAと呼ばれるマーケティングオートメーションです。MAの機能として、見込み顧客情報の取得、見込み顧客の育成、有望見込み顧客の情報の抽出が挙げられます。顧客が、広告やウェブだけでなくメールやSNS、アプリなど様々な方法で情報を得る中で、幅広く対応し顧客一人ひとりに合った最適なアプリーチができるのもMAの機能のひとつです。また、既存の顧客管理ツールとの併用や、ステップメールのようなメール配信機能により、見込み顧客の情報の取得、育成をすることができます。そして、有望見込み顧客の抽出を可能にするのが、顧客のウェブでの行動履歴を分析する機能です。

営業を効率的に!マーケティングオートメーションの導入効果

MAは、マーケティング担当者の作業を軽減、さらには計画や改善といったところに注力できる状況をつくれるだけではなく、営業担当者の効率も上げてくれます。実際に契約をとったり、商品を販売したりといった営業活動は、営業担当が行うことが多いのではないでしょうか。営業担当は、見込み顧客に対して一人ひとりに合った営業活動をすることを求められますが、全ての見込み顧客に対して最適なアプローチをするのはとても労力のいることです。見込み顧客の中には、見込み度合が高い顧客から低い顧客も存在するため、営業効率が良いとはいえません。そこで重要なのが、マーケティングと営業の連携です。MAを導入することで、営業は有望な見込み顧客の判別ができ、MAの分析により最適なアプローチ方法も知ることができます。マーケティングと営業の連携にMAを導入することで、それぞれの仕事に注力でき業務も軽減できるといえるのではないでしょうか。