マーケティングオートメーションで顧客は増えるの?

マーケティングオートメーションの導入の目的とは

マーケティングオートメーションとは、従来の営業手法を自動化したものです。将来の見込み客に接触した時点から、営業活動は始まります。その見込み客を引き込み顧客に育て上げるには、その人が何に興味を持っているのかなどを精査し、営業に必要な質の高い情報としてまとめることが必要です。その流れを自動化したのが、マーケティングオートメーションです。しかも今は情報化時代で、昔なら見込み客は商品やサービスの情報を殆ど持っていなかったので、販売店や営業マンが提供する情報が頼りで、売り手主導でした。今や見込み客の方がネットを活用し、情報を持って行動する時代です。ニーズも多様化して更に複雑化し、消費行動も事前に掴めません。そこで、見込み客がネットで何を検索したのかなどの情報を知り、分析して見込み客のニーズを予め知ることで、より精度の高い営業活動が行えます。そのための支援ツールが、マーケティングオートメーションです。

顧客は本当に増えるのか?

勘違いしてはいけないのが、マーケティングオートメーションを導入することで、顧客が増えると決めつけることです。マーケティングオートメーションは、あくまで営業における自動化手法で、情報提供のための支援ツールです。そこを間違えると、マーケティングオートメーションは使えないという誤った評価に繋がります。マーケティングオートメーションから得られる将来の見込み客の情報と、獲得した見込み客の消費行動の情報を、営業で活用できるかが鍵です。その情報を的確に利用することが営業の成功に繋がり、マーケティングオートメーションの導入効果となって現れます。全ては、使う側の営業戦略と力量にかかっています。これを理解してマーケティングオートメーションという支援ツールを使えば、顧客ニーズにマッチした情報提供や、プレゼンなどの営業活動をピンポイントで行えるようになります。そしてそれが、着実に顧客を増やしていく道です。